借金を背負っている人は、借金を返済することに頭がいっぱいになっていると思います。

借金をしていなかったら少し余裕がある時に、
・外食をしたり
・旅行に行ったり
・お金を貯める楽しみ
も出てくると思いますし、貯めたお金で旅行にでかけたりすることもできるかもしれません。しょせんは人生お金よねw

しかし、借金があることにより、少しでも早く借金を返済することが出来るように節約をして、なるべく早く返済をしていくようにすることになると思います。

少しでも早く返済をすることが出来れば、こういった楽しみを持つことが出来るかもしれませんが、返済をしている途中であれば全く返済が出来なくなると思います。お金に余裕がないのは悲惨です。

少しでも返済をうまくしていくためには、少しでも借入金をきれいにしていく必要があります。

自分で返済ができなくなってしまったら、どうしたらいいのか、悩んでしまう日々を送ってしまうこともあると思うのですが、実際には返済を助けてくれる救済手続きもあるのです。その救済手続きというものが債務整理なのです。

債務整理にはいろいろな種類がありますので、どの方法で債務整理をするのかは専門家の先生と相談をしながら行うことになります。

利息を減らしてもらったり、自己破産をする場合は借金をゼロにすることができるともいわれているのです。専門家の先生に相談をすることによりどの方法があっているのかなどを探してもらうことができるのです。

自分で返済をしていくことが難しくなってきているので、債務整理の意味を調べてみても、自分ではどの方法が一番いいのかなどがわからないと思います。

専門家の先生に債務整理の種類を債務整理の種類の意味を聞いてどのようにしていくのかを決めていくようにしましょう。借金をする理由によっては債務整理が出来ない場合があるといわれています。

ギャンブルに使ってしまいお金がないというような場合は債務整理が出来ない場合があるといわれているのです。どのような借金でどのぐらいの金額を毎月支払っているのかなどがわかるほうが専門家の先生もわかりやすいといわれていますのでわかる範囲で持っていくようにしましょう。

そして返済をしていく目途についてもわかるのであれば、自分で計算をしていくようにしましょう。債務整理をする為には手続きが必要になることもありますし裁判所に手続きをしに行かなければいけないこともあります。

書類を早く用意するようにすることにより手続きも早くすることができますので用意しなければならないものがある場合は早めに行くようにしましょう。

メリット

借金をしてしまい、借金を返済することが難しくなってきている人は債務整理をすることを考えるようになると思います。

債務整理にはメリットがあります。メリット部分がなければ誰も債務整理に踏み出さないと思います。

債務整理には種類がありますので、
・自分の借金がどのぐらいの額なのか
・毎月返済している金額がどのぐらいなのか
・自分の収入がどのぐらいなのか
などによって債務整理の種類を選ぶといわれているのです。

専門家に相談をすることが必要になりますので、弁護士や司法書士の先生に相談に行くことから始めることになります。

まず債務整理の種類の中には裁判所を通さずに減額交渉をする任意整理と呼ばれるものがあります。裁判所を通さないということで書類の用意などが簡単にできるということがメリットです。周りの人にも知られることがありません。

借金を全額支払わないようにする方法としては自己破産という方法になるのですが、自己破産の場合は家などの財産も渡してしまわなければなりません。

しかし、全てのお金を渡さなければいけないというわけではありませんので、少しの貯金は残して自己破産をすることが出来ます。借金に悩んでいる人の借金がゼロになるということはこの上ないメリットだと思います。

そして他にも個人再生と呼ばれる方法があるのですが、個人再生については住宅を残したまま借金を減額する手続きを行うことが出来るのです。

任意整理と同じように思われる方もいると思うのですが、個人再生の場合は裁判所に通して行う手続きになりますので借りている会社も減額手続きに動いてくれることになります。

任意整理の場合は弁護士や司法書士の先生が直接交渉をすることになりますので、最近では減額交渉をしてくれない会社もでてきているようで、裁判所を通して行う個人再生の方が確実に減額をしてもらえるというようになってきているようです。

個人再生も任意整理も住宅や車などの財産を残したままで減額手続きを行うことが出来ますので、今まで通りに生活をしていく中で借金だけを減額することができるのです。

債務整理にはいろいろな種類があり、その中から自分に合った方法を専門家の先生と一緒に探していくことになります。全ての方法にメリットがありますので、どの方法が一番メリットの大きくなるのかなどを計算した上で手続きを行っていくようにしましょう。

そして反対のデメリットについてもしっかりと聞いたうえで話を進めていくようにしましょう。

デメリット

何かしらの理由で借金をしてしまった場合、少しでも早く完済してしまいたいと思っていると思います。お金を稼ぐことはとても大変なことです。

お金を稼いでいるからといって、なんでもかんでも使っていいわけではありませんし、お金のありがたみについてもしっかりと考えておかなければなりません。

お金を稼ぐために借金をする人も多くいると思いますが、手元にお金が入ってきたのであれば、まずは借金を返済することから始めていかなければならないのです。借金をきれいになくす為にはやはり働いてお金を手に入れるしかないのです。

しかし、会社をうまく運営していくために借金をして、何とか立て直していけたとしても、お金を返済することが出来ないということもあると思います。

借金をすると毎月決まった額を返済していくことになります。しかし、事業がうまく行っていない時に返済できなくなってしまうこともあると思います。

もともと支払わなければならない分を遅らせて返済をすることにより、次に新しく請求がくる分と前の分と一緒に返済をしなければならないということになるのです。滞納金がかかる場合もあるので、前の分を先に返済していく人もいることでしょう。大変です。

だんだんと借金の返済が遅れていってしまい、どうしても返済が出来ないということもあることでしょう。そこで、借金が返済できなくなってくる人のために債務整理と呼ばれる手続き方法があります。

いくつかの種類にわかれているのですが、借金を減額したり借金をゼロにする手続きもあるようなのです。

しかし、こちらの債務整理にはデメリットもあるのです。債務整理のデメリットとして一番大きくあげられるのが債務整理の手続きを行ってから一定の期間はお金を借りることが出来なくなるということです。

つまりは住宅や自動車ローンを通したりクレジットカードを作ったりキャッシングをしたりすることができなくなるということなのです。

債務整理をすることにより、借金が減額して普通通りの生活が出来るようになるかもしれませんが、もし万が一お金に困ってしまってどうしてもお金を借りたいというようになった場合に、どこからも借りることが出来ませんので、法外な金利を請求してくるような闇金に一時的にお金を借りるという人もでてくるようです。それは危険です。

債務整理を行うことによるデメリットは、ブラックリストに債務整理をしたことが記録されるのでお金を借りられなくなるということです。なんとか債務整理をせずにお金を返済していくことができないのか検討していくようにしましょう。