高金利で借りているなら任意整理で解決

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_s
利息制限法では上限金利を10万円未満は20パーセント、100万円までは18パーセント、100万円以上は15パーセントまでと定めていますが、かつては法制度の不備や規制が今ほど厳しくなかったために上限を超えて貸している業者がかなりありました。

そのため、借金が返済できずに苦しんでいる理由が利息制限法の上限を超える高金利にある場合、任意整理という債務整理手続きにより、借金の軽減を図ることが期待できます。

任意整理は利息制限法の法定利率で引き直し計算を行い、超えた分については元本の返済に充てられたものとして計算し、借金の減額を図ります。

さらに遅延損害金と将来の利息はとらないという約束を取り付けることで、借金の返済負担を軽減させる債権者との合意に基づく手続きです。

和解に基づき、減額された借金を3年間から5年間を目安に分割返済することとなります。

債権者との和解は債務者個人では難しいため、通常、債務整理に強い司法書士や弁護士などの専門家に依頼をします。

専門家が依頼を受けると、債権者に対して債務整理の依頼を受けたことと、依頼者に対して今後は直接的な取立行為をしてはならないと通告してくれるため、執拗な取り立てがストップできます。

債権者に対して取引履歴の開示を求め、利息制限法の上限金利に引き直して元本充当計算を行い、和解交渉をしてくれます。

和解が成立すると、債権者との間で和解契約書を作成し、分割支払いについては依頼者から得た金額を債権者が指定する銀行口座に振込送金を行ってくれます。

カテゴリー: 未分類 | 高金利で借りているなら任意整理で解決 はコメントを受け付けていません。

債務整理をお勧めします

現代社会において、深刻な問題となりつつあるのが多重債務です。決して他人事ではありません。

何らかの原因で手持ちの現金が不足し、金融機関等から借り入れやクレジットカードを繰り返し利用し、多重債務の状態に陥ってしまう可能性も否定出来ません。

特に真面目な性格の方ともなると、何とかして返済しなければとならないいう強い義務感を感じてしまいがちです。

返済のする為に借金を繰り返し、ますます泥沼にはまってしまった場合二進も三進もいかなくなります。

そうなる前に、法律の専門家に債務整理について相談しましょう。

その場合、債務整理に特化した弁護士事務所を選択したほうが賢明です。

弁護士が受任した場合、貸金業者に対して受任通知書を送付します。貸金業者は債務者に対し、正当な理由がない場合連絡を取る事が出来ません。

依頼者の立場に立ち任意生理や自己破産、特定調停等最も相応しい解決策を提示してくれますので、借金に関する心理的な負担というものは大幅に軽減されるでしょう。

債務の総額が140万円を超えるか否かに関わらず、弁護士に依頼する事が出来ます。

以前は敷居が高いと言われていたものの、最近では親しみやすく何でも気軽に話せる弁護士が増えたのは言うまでもありません。

インターネットで検索する場合、債務整理の実績が豊富で口コミでの評判が優れている弁護士事務所を選びましょう。

借金問題は、必ず解決出来ますので、一刻も早くご相談下さい。それこそが、借金問題解決の為の最短ルートになるのです。

カテゴリー: 未分類 | 債務整理をお勧めします はコメントを受け付けていません。

債務整理は自分に合っている方法を選ぼう

債務整理は借金の減額や免除を可能とするもので、借金問題の解決法の一つです。

その方法は4種類に分かれており、その人によって選ぶべき方法が変わります。

例えば、借金は有りますが連帯保証人には迷惑を掛けたくないから、整理する債務を選びたいという時には任意整理を選びます。

任意整理は任意で整理する債務を選ぶ事が出来る物で、この場合は借金の減額が出来る為、今の返済では大変だったという人も負担を軽減して返済する事が可能です。
裁判所を通さずに行う事が出来る物となっているので、最も手軽に行う事が出来る債務整理だと言われる事も少なくありません。

どうしても今の状態では返済する事が出来ないし、減額してもらったとしても返済するめどが立たないと言った場合等は自己破産を選ぶ事になります。
この場合は全ての債務が対象となっており、整理する対象を選ぶ事は出来ません。

しかし今ある借金を0にする事が出来る為、人生のやり直しと言う点から言ってもメリットを感じる事が出来る方法です。

ただ債務整理を行う必要があるという事は、正常に借金を返済する事が出来ていないという事になります。

その為、事故情報としてブラックリストに登録されてしまう為、その後5年から10年間は新規借り入れやクレジットカードの発行などが出来なくなってしまいます。

また自分で手続きを行う事も可能ですが、金融機関との交渉等の点から考えると弁護士等に相談して依頼する方が手続きも簡便に行う事が出来ます。

カテゴリー: 未分類 | 債務整理は自分に合っている方法を選ぼう はコメントを受け付けていません。